【提言】日本映画製作者協会、日本映像職能連合(8団体)、a4cの合計10団体で包括的な振興機関の設置に関する要望書を提出しました

この記事は、日本版CNCに関する記事です
映画監督有志 2024.07.08
誰でも

 昨年末、アジア映画のグローバルな発展のために共同制作、共同出資、技術交流、人材育成などを目指す7カ国の連携協定AFAN(Asian Film Alliance Network)に、日本が参加できなかった経緯について報道がなされ、様々な議論を呼びました。

「アジアで取り残される」日本映画が直面する現実
https://toyokeizai.net/articles/-/716369?display=b

 日本が参加できなかった理由のひとつとして、国際協定の窓口となりえる公的機関が日本に存在しなかったためと言われています。
 この事態を受け、日本版CNC設立を求める会協同組合日本映画製作者協会日本映像職能連合(8団体)の計10団体共同で日本映画(実写、アニメ)の振興に関する包括的な振興機関等の設置についての検討会議の開催を求める要望書を7月2日、内閣府に提出しました。
 内閣府「新しい資本主義実現会議」で継続的に審議され、6月21日に閣議決定された「新しい資本主義のグランドデザイン及び実行計画2024年改訂版」において、映画に特化した「映画戦略企画委員会」の設置が明記されました。その方針をより映画界のリアルに則したかたちで実現させていくためにも、当事者・有識者による会議体の存在は必須です。以下、要望書となります。

左から、松島哲也・本木克英(日本映像職能連合・日本映画監督協会)、諏訪敦彦(action4cinema)、新原浩朗(内閣官房 新しい資本主義実現本部事務局)、押田興将(日本映画製作者協会)

左から、松島哲也・本木克英(日本映像職能連合・日本映画監督協会)、諏訪敦彦(action4cinema)、新原浩朗(内閣官房 新しい資本主義実現本部事務局)、押田興将(日本映画製作者協会)

 引き続き、私たちは日本映画の包括的な振興のために関係団体と連携を取りながら、日本版CNCの設立を求めていきます。

action4cinema / 日本版CNC設立を求める会一同

無料で「action4cinema / 日本版CNC設立を求める会」をメールでお届けします。コンテンツを見逃さず、読者限定記事も受け取れます。

すでに登録済みの方は こちら

誰でも
podcast番組「voice4cinema」【恒例!!是枝監督による...
誰でも
一歩前進!?「映画戦略企画委員会」の設置が内閣発表の資料に明記 !
誰でも
【6/17】どうする?フリーランス新法②芸能従事者向け勉強会[深掘り編...
誰でも
podcast番組「voice4cinema」【官邸での会議直後の是枝...
誰でも
【告知 / 6月】芸能従事者のための特別加入労災保険と安全衛生に関する...
誰でも
podcast番組「voice4cinema」【ゲスト 近藤香南子さん...
誰でも
podcast番組「voice4cinema」【映適とスタッフセンター...
誰でも
【拡散希望】ハラスメント防止対策に公的支援が出ます!