私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します。

私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します。
映画監督有志 2022.03.18
誰でも

 映画監督による新たな暴力行為、性加害が発覚しました。報道されている行為、その内容は決して許されるものではありません。被害にあわれた方々がこれ以上傷つくことがないこと、また当該の映画監督の作品において権限のある立場の関係者は、その現場で同様の問題がなかったかを精査すること、もしあった場合には被害者のために何ができるかを検討することを望みます。「映画に罪はない」と拙速に公開の可否を判断する前に、まず被害者の尊厳を守ることに注力すべきです。
 被害者への誹謗中傷、二次被害、三次被害につながらないための配慮が、メディアにも、私たちにも求められます。

 映画はひとりの力で作ることはできません。監督だけではなく、プロデューサー、技術スタッフ、制作部、演出部、そして俳優部、多くの関係者の協働によって一本の映画が成立します。だからこそ、互いの人格を尊重しあうこと、仕事上の大切なパートナーであるという意識を持つことが必要です。
 特に映画監督は個々の能力や性格に関わらず、他者を演出するという性質上、そこには潜在的な暴力性を孕み、強い権力を背景にした加害を容易に可能にする立場にあることを強く自覚しなくてはなりません。だからこそ、映画監督はその暴力性を常に意識し、俳優やスタッフに対し最大限の配慮をし、抑制しなくてはならず、その地位を濫用し、他者を不当にコントロールすべきではありません。ましてや性加害は断じてあってはならないことです。

 撮影現場の外においても、スタッフや俳優の人事に携わることのできる立場にある以上、映画監督は利害関係のある相手に対して、自らの権力を自覚することが求められます。ワークショップのような講師と生徒という力関係が生まれる場ではなおさらです。
 以上のことを、まずは私たち映画監督の立場から書きましたが、プロデューサーや助手を率いるスタッフも、十分に気をつけなくてならないことです。パワハラやセクハラはジェンダーを問わず誰もが加害者、被害者になりえますが、映画業界がいまだに旧態依然とした男性社会であること、性差別が根強いことを考えれば、キャリアのある男性から率先して自身の特権性を省み、慎重に振る舞わなくてはなりません。さらに、その価値観を当然として受け入れてきた女性の監督、プロデューサー、スタッフもまた例外ではないでしょう。

 映画の現場や映画館の運営における加害行為は、最近になって突然増えたわけではありません。残念ながらはるか以前から繰り返されてきました。それがここ数年、勇気を持って声を上げた人たちによって、ようやく表に出るようになったに過ぎません。被害を受けた多くの方がこの業界に失望し、去っていった事実を、私たちは重く受け止めるべきではないでしょうか。
 私たちには、自らが見過ごしてきた悪しき慣習を断ち切り、全ての俳優、スタッフが安全に映画に関わることのできる場を作る責任があります。そのために何ができるかを考え、改善に向けたアクションを起こしてゆきます。

 私たちの声明にご賛同頂ける方は、是非 action4cinema@gmail.com までメッセージをお送りください。
 最後に、イギリスのロイヤル・コートシアターにおいて、2017年にセクシュアル・ハラスメントとパワー・ハラスメント防止策として劇場で働く人々に向けて掲げられた規範の一部を抜粋、引用します。

「私たちは、自分が持っている権力に責任を持たなければならない。
自分より弱い立場にある人たちに対して、
その権力を不当に行使しないこと。
自分の欲すること、それを欲する理由、
それを手に入れるために自分が何をしているか、
そして、その自分の行動がどのような影響を与えるかを考えること。
創作のためのスペースは、安全でなければならない」

是枝裕和、諏訪敦彦、岨手由貴子、西川美和、深田晃司、舩橋淳(五十音順)

=============================================
ご賛同人総数:463名(2022/06/06 現在)
【内訳】
映画監督、映像作家、アニメーション監督、ディレクター:86名
演出部、助監督、AD:11名
演出家:3名
プロデューサー:29名
俳優、モデル:117名
マネージャー・芸能プロダクション勤務:2名
キャスティング:3名
アクティングコーチ:2名
脚本家・放送作家:7名
撮影監督・カメラマン:13名
録音技師・録音部:2名
美術、装飾、大道具、小道具、持ち道具:3名
作曲家・ミュージシャン・音楽プロデューサー:3名
翻訳家・通訳:4名
ジャーナリスト、ライター、評論家、編集マスコミ関係:24名
スチール・写真家:3名
配給、宣伝、メイキング:5名
映画館スタッフ:2名
主婦:4名
弁護士、法務関係:2名
医療関係者:7名
学生・映像関係志望:18名
映画ファン:19名
元映像業界関係者:4名
作家:3名
画家:2名
アーティスト:5名
会社員・自営業・会社代表:24名
肩書きなし:30名
上記以外各1名(企画者、制作部、照明技師、メイク、インティマシーコーディネーター、編集技師、スクリプター、振付師、全宇宙メンクイ協会会長、自家焙煎珈琲店店主、詩人、エディトリアルデザイナー、起業家、料理人、映画スタッフ、映画を愛する者、スタッフ業、ゲームシナリオライター、小学校教諭、事務員、フリーター、就活生、大学教員、アーカイブ・キュレーター関係、アシスタントプロデューサー)
=============================================

 たくさんのご賛同、ありがとうございました。頂いたひとつひとつの声を業界改善のため届けていきたいと思います。

「action4cinema / 日本版CNC設立を求める会」をメールで読みませんか?

無料で「action4cinema / 日本版CNC設立を求める会」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
一般社団法人日本映画製作者連盟(映連)から回答が届きました
誰でも
【案内】日本芸能従事者協会が緊急オンライン勉強会「フリーランス新法 パ...
誰でも
【告知・9月】芸能従事者のための特別加入労災保険・メンタルケア窓口開設...
誰でも
「文化庁令和5年度 概算要求」にハラスメント防止対策への支援が盛り込ま...
誰でも
a4c運営メンバーに片渕須直さんが加わりました
誰でも
【提言】日本版CNCに関する提案書兼質問書を映画製作者連盟に提出しまし...
誰でも
文化庁より「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けたガイドライン(検討...
誰でも
【告知】ミニシアター・エイド基金トークイベントでa4cメンバーが日本版...
誰でも